25歳の転職で女性は有利?不利?

MENU

25歳の転職で女性は有利?不利?

25歳転職女性

女性のキャリアプランにおいて、25歳前後の時期は非常に重要です。この時期をどう過ごすかによって、今後のキャリアライフは大きく変わってくるといっても過言ではありません。

 

今の仕事を続けるか、転職して新しい職を得るのか、自分なりによく考えて結論を出すことが大切です。

 

25歳といえば、社会に出て三年目、さまざなことが現実味をもって理解できるようになる頃です。特に女性は、結婚や出産が具体的な問題として視野に入ってくる年齢といえます。もちろん、育児は母親だけの問題ではありませんが、実際のところ、母親の側に大きな負担がかかってくるのが現実です。

 

結婚や出産を具体的に考えながら、働きやすく、長く勤められる職にあることが大切です。その意味で、残念ながら現在の職場が難しいというのであれば、転職を考えるのも妥当といえます。

 

25歳という年齢での転職は不利なことばかりではない!

25歳という年齢での転職は、第二新卒として扱われ、不利なことばかりではありません。特に女性は、20代半ばでの退職者も少なくないので、その補充の意味合いで応募者を募ることもあるでしょう。その際には、今後も働き続けるという強い覚悟が必要になります。

 

結婚、出産後も仕事を辞めない意志を強く示せば、企業の側も安心して採用に踏み切ることができます。社会人経験を経て、現実的な問題に向き合った上で、なおキャリアを積みたいという意思が伝わるよう、面接では言葉を尽くしましょう。

 

女性の活躍を期待する企業は多くあります。そうした企業では、産休制度や育児中の時短制度など、さまざまな育児支援を行っています。仕事を選ぶ際には、企業研究をよく重ね、転職後の働きやすさも考慮するよう努めましょう。

 

情報は個人で収集するには限界がある!では、どうすれば?

とはいえこうした情報は、個人で収集するには限界がありますので、専門のエージェントを利用するのもよいでしょう。エージェントはこれまでの経験から、女性が働きやすい職場を選択、斡旋してくれます。面接の際の話し方なども、参考になるアドバイスがもらえます。

 

また、仕事を続けながら妊娠し、産休制度をあつれきなく利用するには、職場での信頼関係がかぎとなります。働き始めてからすぐに妊娠、休職では、仕事に対する意欲を疑われてしまうこともあります。

 

妊娠は、必ずしも自分の意思だけでかなうものではありませんから、難しいことではありますが、職場でのよい人間関係を維持したいのなら、そういったことも頭の片隅に置いておく必要があります。キャリアを続けるにあたっては、妊娠のタイミングを見計らうことは思いのほか重要なのです。

 

そうしたことを考慮すると、25歳は今後のキャリアプランを考えるのにはとても良い時期です。仕事を変わるにも、まだ若いとみなされ、採用の道は多く開かれています。社会人経験を活かし、今後の人生を現実的に見すえた仕事探しをするよう努めましょう。25歳という年齢が、転職において有利になるか不利になるかは、応募者の側の強い意志がカギとなります。

 

25歳転職