転職活動を始める時期、退職前と退職後のメリット・デメリット

MENU

転職活動を始める時期、退職前と退職後のメリット・デメリット

25歳転職

転職活動をすることになった場合、やはり退職前か退職後の2つで迷うことになります。

 

活動をすることが早ければ早いほど良いとされていますが、実際に活動を始めることになる場合、出来る限り自分に余裕を持たせつつも、収入をしっかり確保していける状況を作りたいものです。そのために必要なタイミングを知っておくことは、成功するために必要なことでもあります。

 

退職前から行う場合のメリットとデメリット

退職前に行うメリットは、収入を確保しながら転職活動を行えるようになります。決定してから退職することになれば、問題なく仕事を切り替えることができて、収入面で安定した物を手に入れている状態で切り替えることができます。

 

メリットとして、収入をしっかり持てることは非常に重要な事でもありますから、なるべく収入を多く持って、転職活動を続けていたほうが後から安心できる要素も多くなります。仕事をしている間に探しておくことができるようになっていれば、収入の切れ目が少なくなるので安心できる要素が増えます。

 

その一方で、仕事をしている時に求人を見つけてこなければならないので、仕事の合間に行うのは非常に難しいことでもあります。余裕を持って行動できるといえば、そうではないことを知らなければなりません。

 

かなり厳しい状態で仕事を探すことになりますので、場合によっては良い転職先を見つけることができなくて、同じ仕事を続けることが起きてしまう場合もあります。

 

退職後のメリットとデメリット

退職後に転職活動をするメリットは、時間に余裕を持つことができる点にあります。仕事をしていない状態では、自分が使うことのできる時間はかなり多くなっており、余裕を持って探すことができます。求人を簡単に比較することができること、間違ったものを選ばないようにすることができる点が魅力的なところとなっており、これが安心して求人探しができる要素になります。

 

 

しかし、収入面では厳しい物があります。退職をすることは、解雇されているわけではありませんから、失業手当をもらうまでは無収入が続いてしまいます。すぐに転職できるなら良いですが、結構時間がかかってしまうこともあるので、場合によっては時間がかかりすぎて収入的に苦しくなってしまいます。

 

長期化することがある場合、転職活動が長すぎたことで、転職をすることが困難になる場合もあります。空白の期間が多くなってしまうと、どうしても時間がかかりすぎてしまうのです。

 

できれば退職前から手を付けておく

転職をしたいと思っている場合でも、できれば会社に入っている状態絵仕事を探すようにしてください。退職前から手を付けておかないと、退職後に探したことで収入が足りなくなって、生活をすることが困難になる場合もあります。

 

もし仕事をしている状態で転職を行う検討をしていれば、問題なく収入を手に入れていて、しかも気に入らない求人ばかりなら、先送りという選択ができます。できれば仕事をしている時から、転職については考えるほうがいいです。

 

25歳転職