25歳の転職者に企業が求めている3つの事とは?

MENU

25歳の転職者に企業が求めている3つの事とは?

25歳転職

大学3年時から就職活動に日々追われ、念願の第一志望の企業から内定を貰えたことで、初めて社会に新卒として就職する事には、どこの企業の色にも染まっておらず採用する人事担当者もまず新卒という条件を重視することが一般的です。

 

25歳の転職者に企業が求めている「若さ」

25歳転職を志す希望者は、第2新卒あるいは中途採用という部類に分けられて転職活動を行うことになります。なので、1番のアピールポイントとして「1度社会に出て実務経験や人間関係の構築を行ってきた事」と、「新卒には無い経験」が挙げられます。

 

25歳の転職希望者の中には、新卒で就職してこれまで自分の企業を内側から見てきた過去があり、実際に内定を受けてから仕事をすることでしか分からない不満や待遇、将来に対する疑問などを抱くようになる方も大勢います。

 

そこで25歳にして転職を志す事になりますが、ある程度就業経験がある25歳の転職活動と、新卒の就職活動とは別の物である、と捉え転職活動を行う事が大事です。

 

25歳の転職者に企業が求めている「積極性」

次に25歳の転職で企業が求めている事には若くて健康で活発な人材であることはもちろんですが、新卒には見られない背水の陣で挑む、もう後には退けない積極性を求めているのです。

 

25歳の転職は言わば一度社会に出て働くということを経験しある程度の下準備を行ってきた方がさらに社会で大きく羽ばたけるようになるためのワンステップであり、決して下を向く必要はありません。

 

キャリアアップを図りたい、前職では得ることができなかった仕事に対するやりがいや達成感を得ようと転職を希望し覚悟を決めますが、転職を成功させるためには幾つかの注意点があります。

 

前職在職中に転職活動を行う場合、最低でも3か月前から準備を始める必要があります。転職サイトなどあらゆる角度から情報を取り入れた後に転職して良かったと心から思えるようになる事が転職において重要なことであり、それこそ転職の成功と言えます。

 

そのためには、25歳の転職で評価される部分は他にもあり社会人としての基本的なマナーや礼儀、モラルなどを兼ね備えている事が大切です。新卒で入社する新人とは異なり挨拶、コミュニケーション能力など、人との接し方を既に習得しているので評価に値するのです。

 

25歳の転職者に企業が求めている「短期間の即戦力性」

そして先述したように最大のセールスポイントが実務経験となりますので、まず企業としては即戦力として大きな期待を込めて採用する事となります。同じ分野、職種への転職ではこれまでの実務経験を活かせる作業をお願いする事ができますので、作業の効率化を上げるだけでなくトラブル時の対応などの応用力を活かすことができるのです。

 

まとめ

まとめとしまして25歳の転職では企業が求めている若さ、積極性、短期間の即戦力性の3つのポイントを押さえ、貴重な財産となるこれまでの実務経験という武器を大きくアピールする事が転職成功への近道となるのです。

 

これまで勤めてきた会社を退職し新たな勤務先で働けるためには誰しもが不安や心配を抱きますが、一度覚悟を決めたら準備を怠る事無く二度と後ろは振り向かない希望を胸に前だけ向いて一歩ずつ転職成功への階段を上っていく事が重要なのです。

 

25歳転職