25歳の転職者で未経験業界・業種を希望する際の注意点

MENU

25歳の転職者で未経験業界・業種を希望する際の注意点

25歳転職

現在、25歳転職を決意される方は少なくありません。新卒で仕事を始めて約三年がたち、仕事のやり方や社会のしくみが実感として理解できるようになる頃です。

 

また、学生時代とは違い、人生の方向性が明確になってくる時期でもあります。家族との関係や、結婚を視野に入れたキャリアプランを検討する時期にあたるといえます。

 

25歳は社会に出てからの最初の転職適齢期!?

企業の側も、25歳の転職希望者を、第二新卒として迎え入れる気運があります。どの企業も三年目の退職者には頭を悩ませており、その欠員補充として適切と考えられるからです。いずれにせよ、25歳は社会に出てからの最初の転職適齢期といえます。

 

企業は、25歳の社会人に過剰なスキルは求めていません。しかし、電話の取り方や顧客との会話の仕方、社内での人間関係の築き方など、最低限のビジネスマナーはわきまえているものと考えています。社会人としての素養を疑われるような転職活動は避けるべきです。

 

その意味で、社会人としての振る舞いが身についていれば、未経験の業界へのチャレンジはそう困難ではありません。むしろ、やりたいことや今後の方向性などが固まっている場合は、まだ若いといえるこの時期に、思い切って挑戦してみることが大切です。

 

その際に見られるのは、新しい職種に対する熱意や意欲です。その職種が人気職種であるとか、一見華やかであるといったような、ミーハーな理由ではまったく相手にされません。

 

未経験業界でも、しっかりと知識を積んで転職活動を行う必要性がある?

未経験業界といえど、しっかりと知識を積んで転職活動にはげまなければいけません。むしろ、在職中であっても、自然と興味が向き、勉強に取り組む意欲がわく業界が、今後の人生において進むべき道といえます。面接の際には熱意とともに、自分なりにたくわえた知識なども話しておくと良いでしょう。

 

資格を取るのも一つの手です。IT業界へ進みたいなら情報処理の資格を取るとか、保育業界であれば保育士資格など、在職中でも独学で取れる資格はたくさんあります。実務経験がなければ採用にはいたらない、といった言葉もきかれますが、意欲をアピールするには資格の力は重要です。

 

また、自分の向き不向きについても考えておきましょう。25歳にもなると、実際の社会経験を経たなりの、自分に向いている仕事といったものが見えてきます。パソコンの前に座っているだけではなく対人折衝がしたい、顧客回りをするよりももくもくと作業をしている方が好ましいなど、自分の適性を理解して話せることは、面接の際には大きな武器となります。

 

そうした自己分析は、自分だけでは不十分であることが多いので、その際にはエージェントなど、プロの助けを得ても良いでしょう。そうした他者とともに分析した自己の適正をもとに、業界研究をよく行えば、効果的なアピールができることは間違いがありません。企業の側も、受け入れた際のメリットを具体的に考慮できるので、好意的に評価することができます。新卒とは違う、現実味をふまえたアピールをすることが重要です。

 

25歳転職