25歳で転職に成功する自己分析法@‐ポジティブな転職の目的を

MENU

25歳で転職に成功する自己分析法@‐ポジティブな転職の目的を

25歳転職

25歳転職を決意したということは、それなりの理由があると思います。ですが、その際に必要なのはポジティブな目的です。

 

転職の理由は、人によって違うと言うのは当たり前なのですが、務めていた会社に不満を覚えてというのが理由で、それを採用担当者に伝えたとしても良い印象を与えることはまずないでしょう。

 

そういう理由だとしたら、自分の会社でも嫌なことがあったらすぐに辞めてしまうのではないだろうかと思わせてしまうことになります。そういう理由で転職しようとする人を採用したいとは、まず思わないでしょう。

 

大事なのは、ポジティブな転職理由!

そこで大事になるのが、ポジティブな転職理由です。ステップアップしたいとか、そういった理由のことです。プラスの理由なら、採用担当者にもやる気を感じ取ってもらえることでしょう。

 

務めている会社に大満足しているのに転職をする人はあまりいないかもしれませんが、やはりポジティブな理由があるというのが成功への秘訣だと思います。

 

おそらく、25歳というだけで採用担当者は少し構えてしまうかもしれません。高卒の人だったらそこそこ働いている年齢ですが、大卒だとまだそんなに経っていません。それなのに何故25歳で、と思っても無理は無いのです。だからこそ、ポジティブな理由は絶対に必要なのです。

 

会社の待遇が不満だった、休みが中々取れなかった、上司がろくな性格じゃなかったなどなど、多かれ少なかれ大なり小なり、それなりの理由はあるでしょう。マイナスな理由が絶対悪だと言っているわけではありません。ただ、ポジティブな理由もないと難しいということです。

 

マイナスナ理由もあるけど、ポジティブな理由もしっかりしている人のほうが強いのは当たり前です。そうでないと、25歳は受け入れてもらえません。積極的な人のほうが良いのは当たり前ですし、やる気があったほうが戦力になりそうな気がします。

 

25歳の転職に必要なので、「やる気」?

25歳というのは、まだまだ若い部類です。やる気もあってなおかつ優秀なら、引き入れたいところはたくさんあるでしょう。もちろん優秀というのは一部の人かもしれませんが、やる気だったら特別優秀でなくても持つことは可能です。

 

むしろ、優秀ではないからこそやる気は大事なのではないでしょうか。やる気があるというのが表に出るだけで、良い印象を与えることが出来ます。空回りしてしまう場合もあるかもしれませんが、やる気がないよりはずっと良いです。

 

もちろん、空回りしないようには気をつけるようにしてください。若い人がやる気がないと、よほどの実力が無い限り採用してもらうことは難しいでしょう。

 

まとめ

自分には実力がないと思いこみすぎると、それはやる気がなくなっていくのに繋がってしまいます。過信もいけませんが、卑下する必要もありません。
若い人にやる気が皆無でどうします。

 

やる気を売りにしたって別に何もおかしくありません。むしろ、漲るくらいで丁度良いです。向こうもきっと、そのやる気を買ってくれることでしょう。

 

25歳転職