25歳で転職に成功する自己分析法A‐自己PRのポイント

MENU

25歳で転職に成功する自己分析法A‐自己PRのポイント

25歳転職

新卒で入社したものの、仕事内容が自分にはどうも向いていなかった。思ってもみなかったところに例えば海外とかに赴任することになりそうで気が進まない。早めに気持ちを切り替えて再スタートを切りたい。

 

例えば入社して数年、25歳転職する場合はどういった点に気を付ければよいのでしょうか?25歳の転職活動で必要な自己PRのポイントや自己分析の方法についてまとめてみました。

 

25歳の転職でアピールできる事とは?

新卒で内定をもらい入社して25歳の場合、その会社で働いたのは2,3年という短い期間ということになります。研修の期間を除くと実際に働いた期間はもっと短くなります。

 

それでもたとえ1ヶ月であってもその会社で働いたことには変わりがありません。なので短い期間でも何か実績としてアピールできるものがあればピックアップしてまとめておくと転職活動がやりやすくなります。

 

転職活動では職務経歴が短いとデメリットになる?

また転職活動では職務経歴が短いとデメリットになるのでしょうか?入社してすぐ辞めた場合はなぜ辞めたのかも当然、面接で聞かれそうです。その部分についてもしっかりと自分で説明できるようにまとめておく必要があります。

 

転職活動ではどんな人にも長所があれば短所もあります。つまりデメリットをメリットにすることがとても大切です。25歳での転職の場合、前の仕事での実績があまりないかもしれません。

 

でも将来性については大いに語ることができます。自分のやってみたいこと、挑戦したいこと、将来のビジョンについて職務経歴が短い分を補うために語ってはどうでしょうか?面接では職務経歴の事例に将来の夢につながる抱負を添えると形もよくなります。

 

よって自己PRのポイントとしては職務経歴の書き方はまず飾らずに素直にありのままに書くことが大切です。ほんの数年の経験ですので誇張して書いたら必ずバレます。そうするとマイナスになります。

 

短い職務経歴の中で具体的に書けそうな事例があればそれを書きます。例えば英語にまつわる職務経歴。英語での電話応対、メールのやりとりを一人でやっていましたなど具体性が大切です。

 

どうしても職務経歴が書けないときの対処法

そして、どうしても職務経歴が書けないときは学生時代の内容を書いても良いでしょう。例えば留学時代の話、留学先でのアルバイトなど仕事と結びつきそうな体験談を探してみましょう。

 

前の会社での研修の期間に何かよい体験談があればそれを書いてみましょう。研修の期間に先輩と一緒に営業で回っていたら、先輩の助けなしに自分で契約を取ることができたなどわかりやすい成果が書けそうなら使えるエピソードになります。

 

またお客とトラブルがあったときに自分一人で対応ができて入社して1年ながら上司にほめられたという事例も使えるかもしれません。職務経歴は具体性を持って書くと採用担当者もイメージしやすいです。ですので事例(エピソード)をわかりやすく簡潔に書きましょう。

 

25歳で転職に成功するには職務経歴を短くてもきちんとわかりやすく語ることができるかがカギとなります。

 

25歳転職