25歳の転職で知っておきたい新卒採用と中途採用の違いとは?

MENU

25歳の転職で知っておきたい新卒採用と中途採用の違いとは?

25歳転職

25歳という年齢は、新卒で入社して2、3年経ち、入社前とはイメージが違ったとか、社風が合わなかったという理由で転職を考える人が増えてきます。

 

石の上にも3年という言葉を胸に耐えてきた人もいるとは思いますが、早目に見切りをつけることも大切です。それに25歳では結婚している人も少なく、会社への愛着もあまり無い為転職するには良いタイミングだと思われます。

 

ただ、新卒の採用試験と同じ感覚で転職の採用試験を受けると思ったように、いかない場合があります。ここでは、新卒と転職での採用試験の違いについて考えていきたいと思います。

 

転職をスムーズに進める為には

転職をスムーズに進める為にはやはり採用する企業の目線で考えてみるのが良いでしょう。新卒で募集する際に大学生に何を求めるのか。それに対し、25歳の社会人経験者に何を求めているのか。新卒で何を求められているのかは採用試験を経験していればおおよそは分かるかと思います。

 

会社や職種によって違いはあるかもしれませんが、大抵の場合は、人柄だとか仕事に対するやる気だとか、その人の内面や今後の将来性を見込んで採用をすることが多いと思います。

 

転職の場合は、もちろんやる気や将来性も大切ではありますが、それに加えて今までの社会人経験が問われてきます。25歳でまだまだ若いからといって新卒と同じレベルでは採用してくれません。

 

社会人経験者を募集するからには新卒では持っていない力を求められているのです。それをアピールできる事が転職成功への近道です。企業が社会人経験者に求めるものは様々です。

 

同じ職種の経験者を求め、ある程度即戦力として期待する場合や、社会人としての一般常識を身につけていることを求めている場合などが考えられます。今までの職務で自分がどんな事をしてきたのか、会社にとってどんな存在であったのか、という経歴を自分なりにまとめておく必要があります。

 

企業の採用担当者は会社にどんな恩恵を与えてくれる存在かを経歴を通して確認するはずです。

 

さらに大切なのは転職する動機!

そして、さらに大切なのは転職する動機です。新卒の場合はただ、入社したい理由のみが聞かれます。しかし、転職の場合は「今の会社をなぜ辞めて、なぜうちの会社を選んだのか。」という問いは必ずあります。

 

退職したい理由が採用試験を受ける会社にも当てはまることであればまず採用はされないでしょう。例えば、給料が少ないからという理由で転職する人が、同じくらいの給料の会社を選んだら採用されないのは当然のことです。

 

退職理由と志望動機は辻褄が合うように考えておく必要があります。さらに、退職理由はできる限りマイナスな動機にしないことが大切です。真の理由はどうであれ、イメージが良くなるようにプラス思考の退社理由を考えることが必要です。

 

全てを馬鹿正直に表現することが必要ではなく、少しでも自分を良く見せることが大切なのです。これらのように、転職の採用試験は25歳という若い年齢であっても新卒とは違うものを求められています。

 

内定を勝ち取る為には、自分が社会人としてどんな魅力があるのかをアピールできるかどうかにかかっているのです。

 

25歳転職