25歳転職のコツで成功!未経験・資格なしOK!初めてでも安心の転職法

MENU

転職で採用担当者は履歴書に書かれた何に注目する?

25歳転職

転職の際に提出する履歴書の重要性!

 

今の仕事から新しい仕事に転職しようと考えた場合、必ず転職を希望する企業に対して履歴書を提出することになります。履歴書というものは自分自身を会社側に知ってもらうために必要となる書類であり、その内容に関してはウソ偽りなく正確な情報のみを記載することが求められます。

 

一般的に履歴書に記載する内容としては住所や氏名、学歴や職歴、転職を希望する志望動機や自分をアピールするための長所や自己紹介、アピールポイントなどを記載することになります。

 

その際には自分を如何にして企業にアピールするかが重要となるため、長所や持っている資格などを分かりやすく記入することも必要となるでしょう。

 

しかし企業の採用担当者には履歴書の中で特に重視するポイントというものがあるため、自分でアピールしたいアピールポイントばかりに力を入れて履歴書を作ってもそれ以外の部分を重視されてしまうことも少なくないと言えます。その為転職の場合にはどの部分を特に重視されているのかを知っておくことがポイントとなります。

 

転職の際の履歴書で注目される部分とは?

転職する際に提出することになる履歴書の場合、新卒で提出する履歴書とは明らかに注目されるポイントが異なると言えます。新卒の場合はやる気や向上心、これから先の伸びや将来性などが重視されることになりますが、転職の場合はそういった部分ではなく、職歴の部分を特に注目されることになります。

 

これは25歳の転職の場合には、求められているのが即戦力となり得る人材かどうか、採用した場合に長く自社でその能力を発揮してくれるかどうかということを求められるため、職歴の部分を特に重視している企業がほとんどだと言えます。

 

特に職歴において自社の職種に有益となる職務を経験していた場合や、その職歴の中で優れた成果をあげていた場合、職務を通じて資格の取得などを行っていたといった情報が職歴の中にある場合には、企業側も採用に値する人材であるという評価をしてくれる可能性が極めて高くなります。

 

そのため履歴書の中の職歴の内容がとても注目されることになるわけです。職歴に関してはもう一つ注目される理由があり、職歴がコロコロ変わっているような人の場合、その職歴の多さがマイナスとなる可能性があります。

 

いくら良い成果をあげており有益な資格や能力を有していたとしても、短期間で仕事を何度も変わっているという情報が履歴書の職歴にある場合は、その情報が問題視されることも考えられるわけです。

 

企業側としてはすぐに辞めてしまうような人材は出来るだけ採用したくないと考えているわけですし、いくら自社に対してプラスになり即戦力となり得る人材であっても、短期で仕事を変わっている場合には何かしらの問題を抱えていると判断されることもあります。

 

それは会社という多くの人が協力して仕事を行う場においては大きな問題となることが予想されるため、職歴に問題があると感じられる人は採用されにくいと言えるでしょう。

 

25歳の転職のコツ