25歳が転職で自己PRを書くときのポイント−基本編

MENU

25歳が転職で自己PRを書くときのポイント−基本編

25歳転職

とにかく25歳という若い年齢で転職する場合、新たな職場で即戦力として働くことが期待されます。そのため面接官の寄せる期待は高いはずです。しかし履歴書の記載がわかりづらく、本人に関する情報がぼやけてしまうようであれば上手なアピールはできません。

 

では履歴書を作成する上での基本的なポイントについて見てみることにしましょう。

 

「結論から書く」

新たな職場に対して、自分がどのようなビジョンを持って働きたいかを述べることは非常に重要です。25歳という若さで転職するわけですから、その後の長い人生を新たな企業と共に過ごすための将来的なビジョンがあることを述べます。

 

このようなものは企業側にとって見ればいわゆる転職希望者の目標であり、しっかりとした目標の下、向上心を持って仕事に望む人であるという印象を与えることになります。

 

しかし将来のビジョンを述べるためには、転職する企業についてよく知っていなければなりません。そのため事前にその企業についての十分な情報を得ておくようにします。このような下調べは必須です。

 

「潔にまとめる」

履歴書にたくさんのことを書けば面接官に好印象を与えると感じる人がいます。しかしそのような人は文章をまとめる能力がない人とみなされてしまうことがあります。
またせっかく新たな仕事に関して即戦力となれる能力を有していても、履歴書の説明がわかりにくいために面接に至らなかったという残念な経験をすることになれば、宝の持ち腐れです。

 

そのため自分の持っている資格、これまで行ってきた仕事内容などをまずは箇条書きしてみることができます。その中でアピールポイントを見つけ、それを簡潔に履歴書に書き記すようにします。

 

「仕事に関連したエピソードを上手にアピール」

上記で述べた方法の他にも、履歴書のアピールポイントを記す欄を2つに分けてわかりやすく自分をアピールすることもできます。上段に自分の有している資格、経験などを記し、その下に資格や経験を活かしてこれからどのように仕事を行っていきたいかを記すのです。

 

このような形でアピールを行えば、資格と経験がこれからの仕事にどのように役立つのかを述べることができます。

 

多くの面接官は25歳という年齢にも注目します。若くてこれから核となる可能性を秘めており、尚且つ社会人としての経験も積んでいるからです。そのため自分の有している資格や経験を上手くまとめ上げ、それを履歴書内で述べることによってリーダーとしての素質があるかどうかといった点をチェックする面接官もいます。

 

そのためここでのアピールはかなり重要なものとなります。

 

「資格、経験、ビジョンを含めてまとめる」

25歳という若い年齢だから、多少子供っぽくても勢いで乗り切れるだろうという感覚は、履歴書作成時には頭から取り除くべきです。自分が得ているもの全てを用いて転職を考えている企業でどのようにして働くことができるのかをイメージし、作成するべきです。

 

このようなイメージを抱くためには企業についての下調べ、自分が得ている資格や経験、そして将来に関するビジョンを考える必要があります。25歳という年齢は即戦力として働ける人材とみなされます。このメリットを活かし、履歴書を注意深く作成することで成功の第一歩を踏み出すことができます。

 

25歳の転職のコツ