25歳が転職で志望動機を書くときのポイント−基本編

MENU

25歳が転職で志望動機を書くときのポイント−基本編

25歳転職

25歳の年齢は、非常に若いことから転職に関係のあることがわからなくて、苦労するケースもあります。志望動機が非常に難しく、ここでアピールすることが大事になってくるのですが、注意しなければならない点は3つあります。

 

この3つをしっかり守るようにして、確実にアピールできる書類を作らなければなりません。

 

経験を活かして貢献したいことを伝える

年齢を考えると、経験というのはそこまで大きなものではないかもしれません。ただ志望動機というのは、数年間の経験でも活かせるところがありますし、若いからこそできるものも沢山あります。

 

25歳がこれまでに経験したこと、そしてこれからの会社に仕える経験を記載して、貢献できることを伝えることが大事です。

 

転職をすると、戦力として見られるようになりますから、当然のように出来て当たり前というイメージが出てきます。これまでの経験がしっかりしていないと、仕事についていくのは難しく、特に大きな仕事をすることになれば大変です。

 

今までにしっかり経験したことを伝えて、それが貢献できることであることを記述することが望ましいです。

 

応募した要因や理由を記載する

志望動機では当たり前のことですが、なぜこの企業に応募することになったのか、要因や理由が絶対にあります。転職をすることは、ここが良いと思ったから応募したというものがあり、理由を伝えることが企業の担当者にとってもアピールのポイントになります。

 

25歳だとあまり大きな理由は書けないかもしれませんが、それでも志望した理由を伝えないことにはアピールできません。

 

ポイントとしては、今までの経験やスキルを持っていて、それが仕事に活かせるかどうかです。25歳は若いですから、年齢という部分だけでも採用される可能性を秘めています。

 

ただ理由がしっかり書かれていなくて、どうしても採用するラインに入らないと不採用になります。転職するからには、どういった理由でここを選んだのか、これを書かなければなりません。

 

幼稚な理由は駄目なので、給料が良いなどの理由は記載せず、企業の方針や行っている仕事を絡めて記載することが望ましいです。

 

詳細なことは職務経歴書を使おう

志望動機が長々と書かれていると、担当者は読んでいるのが面倒になります。履歴書に使える志望動機は、そんなに多くの文字数を使ってはいけないので、経験していることの詳細はもちろんのこと、得られたスキルなどについては職務経歴書を使ってください。

 

転職の際に提出しなくてもいいと書かれていても、出すことによってアピールできる部分が増えます。

 

スッキリした志望動機、そして25歳という年齢に応じた理由が分かる程度の内容にして、それ以外に付け加えることがあるなら職務経歴書に全て記載します。経歴書は長く文章を記載しても構いませんし、元々詳細を書くために用意されているものです。

 

志望動機があまりにも長く、細かい字で記載しなければならないことは避けたいので、説明したいことが多いなら職務経歴書でアピールすると良いです。

 

25歳の転職のコツ