25歳が転職でアピール効果をアップさせる要約文の書き方とは

MENU

25歳が転職でアピール効果をアップさせる要約文の書き方とは

25歳転職

 

要約文は、25歳転職する際でも全体に記載しなければならないことで、なるべく自分の思いを伝えられる、そしてアピールできるものを作らなければなりません。

 

採用担当者が良いと思ってくれないと、これを作るメリットがありませんから、作ったけど失敗することが出てしまいます。どういったものを作れば良いのか、3つの視点で考えていくことが大事です。

 

文字数の制限をしておこう

要約文は、普通に考えて文字数がそこまで多くないもので、それでいてしっかりと書かれていることが望ましいです。文字数は制限しておかなければならないので、長くならないように気をつけてください。

 

この文字数ですが、大体200文字くらいが適切で、多くても250文字に抑えておくことになります。これ以上の文字数になってしまうと、流石に長いと判断されてしまい、企業担当者が嫌がってしまうことが多くなります。

 

要約文は、転職したいと思っている部分をしっかり出すことや、アピールできる内容をまとめているものとなります。25歳でできることは少ないかもしれませんが、文字数を制限しながら、自分が仕事をしたいと思っている理由などを記載することが望ましいです。

 

職種に必要とされているスキルなどを記載しよう

要約文の中には、転職するために必要な情報が記載されていなければなりません。一番大事なことは、職種が求めている経験やスキルというものです。これが書かれていない要約文は、ただ記述しているだけと判断されて、参考にされることはありません。

 

25歳でも持っているスキルは色々とあり、それが該当しているから応募しているのですから、そのスキルを要約文の中に記載することが絶対に必要です。

 

アピールするために必要な情報を記載することはとにかく大事なことで、それがわかっていることで採用できる人と判断されることもあります。要約文の中には、絶対にスキルや経験を書いて、これを持っているからこそ転職したいと思っていることを付け加えます。

 

25歳という若い年齢を武器にする場合でも、持っているスキルなどが職種に合わないと採用されないこともあります。

 

企業で仕事をする意欲をプラスする

この企業で仕事をしたいことをプラスして、採用されることを目指していくことになります。25歳は若いかもしれませんが、これから引っ張っていく存在になるためには、意欲を持っていることが大事なのです。

 

仕事をすることをアピールして、上記に記載したスキルなどで戦力として仕事ができて、貢献できることをプラスします。

 

転職をした時に、足を引っ張ってしまうような人は採用できませんし、採用したところでいい結果が出てこないので、結局不採用になることが出てしまいます。やはり採用されたいと思っているなら、企業側にしっかり仕事をして、戦力として使えることのアピールは重要になります。

 

何が必要とされているのかも大事ですが、今までの経験から仕事に貢献できることを、最後に書くといいです。

 

25歳の転職のコツ