25歳の転職活動のベストな服装とは?

MENU

25歳の転職活動のベストな服装とは?

25歳転職

転職活動をする際には、ビジネススーツが基本です。しかし25歳ともなると、転職活動をする際に新卒の時に着たリクルートスーツを着ていくと、社会人として未熟であり頼りないという印象を与えてしまいます。

 

25歳で転職活動をする際には、年齢とキャリアにふさわしい服装を選びましょう。

 

業種や職種で変わるスーツ

25歳となると、新卒で入社していれば3年弱のキャリアとなります。パソコンやコピーの取り方など基本的な仕事のスキルだけではなく、ビジネスマナーも身に付いている年代です。少しでも有能に見せる為には、ボヤけた印象のスーツを着ないことです。

 

一般的には濃いグレー、濃紺、黒のスーツで、Yシャツは白となります。外資系企業やアパレル業界ではカラーシャツを着ている社員もいますが、面接の際にはシャツは無地の方が無難です。

 

最近では男性のYシャツにも様々なデザインがありますが、ボタンダウンはカジュアル過ぎるので避けましょう。予め「私服でいいですよ」と言われた場合でもなるべくスーツにしておき、どうしてもカジュアルにしたいならばジャケットを着用します。

 

ネクタイは一番選び方に悩むものですが、25歳という年齢ですので落ち着いた印象を与える為にも差し色ではなく、薄いブルーやパープル系を選んだ方が知的な印象を与えます。

 

話している時にどうしてもネクタイの結び目に面接官の視線が行くので、話の内容よりも目立つ様な色にするのは避けましょう。

 

清潔感を第一にする

転職活動中に面接で一番重要なのは清潔感です。25歳というとまだまだ専門知識が豊富とは言えない年代ですので、清潔感を出すことで協調性や将来性をアピールします。

 

スーツにほころびがあったり糸が出ていたり、型崩れをしていると、全体的なシルエットがだらしなく見えてしまいます。面接用のスーツはお手入れをしっかりとしておきましょう。

 

Yシャツは襟垢よりも書類を持つ袖回りの汚れが目に付き易くなります。手首を回して裏側にシミがついていないかチェックしておきましょう。

 

髪の毛は当然さっぱりとカットしていきます。
普段前髪が長い人は面接の為にジェルやムースでオールバックにすることがありますが、清潔感と言う点ではマイナスポイントになります。

 

小物にも気配りをすること

服装と髪型をきちんと決めたらあとは安心してしまいますが、実は小物にも注意が必要です。転職活動の際に時計は面接官の視界にしっかり入るものですから、高級過ぎたりアウトドア用のものはふさわしくありません。

 

カバンもカジュアルな布製のショルダーではなく、きちんとしたビジネスバッグを持っていきましょう。意外とメガネは自分から見えないので分かりにくいのですが、面接中に汗でずり下がってきて何度も手で上げる様な場合には、メガネやで調節して貰った方が、面接官もあなたの話に集中し易くなります。

 

話の内容を遮らない服装にすること

転職活動をする際、スーツは本人の雰囲気にマッチしていて、印象を良くすることを第一に考えます。個性を表現する必要はなく、話している間に相手が色や柄が気になってしまう服装は避けましょう。話をスムーズに進める為にも、爽やかな印象を与える服装が大切です。

 

25歳の転職のコツ