25歳で営業職に転職し、良い結果を出すには?

MENU

25歳で営業職に転職し、良い結果を出すには?

25歳転職

25歳という年齢は転職しやすい年齢であるといっても過言ではありません。今現在、多くの職場で必要とされているのが経験やスキルを有しており、即戦力として働ける存在です。

 

この点で25歳という年齢の人はその両方を有している可能性が高く、尚且つエネルギーに満ちています。そのため多くの職場で重宝されること間違いなしです。

 

現在この年齢に達しており、これから営業職に転職することを考えておられる人がいるかもしれません。営業職は顧客とのやり取りが主となる、特殊な職種であるといえます。

 

状況によっては一日に何件かの顧客との打ち合わせが必要となることもあるために、体力が求められることがあります。こうしたことを考えると、この職種が異なる人との対応に順応でき、尚且つそれなりの体力を有している人にマッチしたものであることが理解できます。

 

では25歳という若い年齢にある人が、この職種に就いて成功する秘訣について見ていくことにしましょう。

 

「経験を活かす」

営業職に就く上でまず最初に考慮すべきことは、顧客との接触の仕方です。顧客は自分が勤める会社の商品やサービスを購入してくれる大切な存在ですから、決して失礼のないようにふるまわなければなりません。

 

また商品やサービスの説明が求められたとき、それを明確に行うことができるようによく準備する必要があります。

 

恐らくこのようなことを以前に行ったことがあるはずです。たとえば学生時代に飲食店などでアルバイトを行っていたことがあるかもしれません。

 

また前職場では年上の社員が多くいたことでしょうから、その人たちに失礼がないような仕方で接触していたに違いありません。これらの経験をもう一度思い起こしてみることができます。

 

また社会に出たての頃は先輩社員や上司に失礼な発言をしてしまったことがあるかもしれません。嫌な思い出かもしれませんが、そのようなことも思い出してみることができます。そのようにすることで同じような失敗を繰り返す危険を回避できます。

 

「年齢ゆえのメリットを考える」

25歳という年齢で営業職に転職することのメリットをもう一度考えてみましょう。先に取り上げたこと以外にも、何か思い当たるものがあるでしょうか?

 

多くの人は初めてのアルバイト先や、初めての就職先では一番年下であったはずです。このとき先輩たちから可愛がられた人も多いはずです。若者が一生懸命に仕事を行っている姿は惹かれるものがあります。そしてそのような姿を見た人たちはそれらの若者を可愛がりたくなるものです。

 

また若い社員が顧客の弟や妹、さらには息子や娘と同じような年齢の場合、親しみを込めて話しかけられることが多々あります。このような状況は緊張を和らげ、取引がスムーズに行われるのを助けます。

 

顧客が自分の兄や姉、もしくは親と同じような世代の人たちであるなら、それらの人と同等の立場で話そうとするのではなく、謙遜な態度で取引を進めていくなら和やかな雰囲気の元、仕事を行うことができます。

 

また営業職に転職した人の多くは、契約が取れないと気落ちしてしまいます。しかし最初のうちはこのような状況に陥ることが当たり前であり、決して落ち込む必要なないことを理解しておくべきです。25歳とまだまだ若く、体力があるわけですから、転職後も精一杯努力するように努めるべきです。

 

25歳の転職のコツ