25歳のキャリア設計のやり方とは?

MENU

25歳のキャリア設計のやり方とは?

25歳転職

長い人生を送るに当たり、社会人になって自分の将来を思い描く事は重要です。特に仕事に関しては、自分の思い描いた将来に向けてスキルアップを図りつつ、キャリアを積み重ねて行く事が必要です。

 

学生から始めて就職する時には、会社や働く事に対する経験がなく、将来を描いたとしても単なる夢のようなものでしょう。就職して、働いてみて、スキルやキャリアと言った事の必要性や意味が分かるようになった時点で、現実的な自分のなりたい将来を描く事が重要なのです。

 

そのタイミングとしては第2新卒として転職の機会も得やすい25歳を目安にすれば良いでしょう。ここでは、25歳でのキャリア設計のやり方とは?と言う観点でスキルやキャリアパスについて考えてみたいと思います。

 

ビジネスの世界で将来の自分の姿を思い描く

社会に出て少しでも会社や働く事の現実が理解できたタイミングで、現実的なビジネスの世界での自分の将来の姿を思い描いてみましょう。

 

キャリアを積んでこんなイメージの会社で重役やトップになって見たいと言う夢もあるでしょうし、キャリアパスの中でこうしたスキルを磨きその部門のトップを目指したり、独立して起業したいと言う夢もあるでしょう。

 

また自分はそんなにビジネスの世界で大きな夢は持たないけれど、ライフワークバランスをしっかり持てる会社で、そこそこの地位と収入を得られれば良いと控え目な夢を描く人もいるでしょう。

 

自分の人生観によって、当然仕事観は異なり、どのような夢でもしっかりと描けば良いでしょう。ただ、まだまだ若いのですから少し背伸びした夢であってほしいとは思いますネ。

 

キャリアパスの長期計画

先に書いたように自分の夢を描き、そのゴールを50歳に設定し、キャリア年表計画を考えてみましょう。25歳から50歳までの25年間を細かく描く事はできないでしょうが、5年刻み程度で節目となるポイントを設定するのです。

 

この様に長期計画を描く中で、今の会社でスキルを磨き、キャリアを積む事だけで可能かを考え、必要に応じて前向きな転職計画も記載するのがポイントです。

 

キャリアパスの中期計画

長期計画で、キャリアの概要を明確にした上で、25歳から30歳までの5年間を中期計画としてもう少し落とし込んだ計画を立てるのです。毎年のスキルアップをステップ計画的に明確にし、その為の自己啓発などの手段も合わせて考えると良いでしょう。

 

またこの中期計画内で、今の会社で目標に向けたキャリア形成ができないと考えるなら、どのような会社にどのタイミングで転職をすべきかも考えるべきでしょう。

 

キャリア設計の見直しとアクションの重要性

社会や会社や仕事が現実的に理解でき、まだまだ社会人として将来が長い25歳で最初のキャリア設計を、長期に全体を描き、その中で直近の5年間を中期計画としてさらに落とし込んで描くべき事を説明しました。

 

しかし、キャリア設計をしただけでは何の意味もありません。その計画に沿って、スキルを磨き、キャリアを積むために、アクションを起こす事が大切です。

 

また現実は、努力をしても中々思うようには行かない事も多く、夢をベースに描いたキャリ計画とのギャップが生じる事も多いものです。それでも夢に向けて努力するためには、長期や中期のキャリア計画を毎年見直し、修正する事も重要です。

 

25歳の転職のコツ