25歳の転職回数の平均は?回数が多くなると転職し辛い?

MENU

25歳の転職回数の平均は?回数が多くなると転職し辛い?

25歳転職回数

転職するということは自分の可能性を試すチャンスでもありますし、今の仕事が自分に合っていないと考えた場合には転職も已む無しといえるかもしれません。

 

しかし転職回数と言うものは転職する際に大きな妨げとなる場合もあり、25歳という年齢の場合はその回数が転職活動へ影響を与えることになります。

 

25歳の転職回数の平均は?

一般的な転職回数の平均は40歳までに2〜3回程度が平均とされており、それを超えると転職がし辛い状況になってくるといわれています。

 

そのため25歳の場合も転職回数の平均は多くても1回〜2回が平均で、全く転職をしたことが無いという人が大半を占めるといえます。

 

25歳の場合高卒で就職したのであれば約7年の社会人としての経験がありますが、大卒で就職した場合を考えた場合にはまだ社会人経験が3年程度と言うことになりますので、その間に転職をしていること自体が大きなマイナスイメージとなります。

 

25歳までの転職は無いほうがよい?

25歳で転職を考えた場合には、それまでの社会人としての期間の間に出来るだけ仕事を変わったという転職の経験が無いほうが望ましいと言えます。

 

これは転職自体が悪いというわけではなくまだ25歳なのに何度も転職をした経験があるということが問題となります。企業側が人材を採用する際に求めるものとして一度採用したからには出来るだけ長い期間働いてもらえることを重要視していると言えます。

 

何故なら採用した人材には会社として仕事のノウハウなどを時間をかけて教えていき会社の戦力となってもらう必要があります。そのため採用したのにすぐ辞めてしまうような人材は最初から採用するに値しないと判断されてしまうことになります。

 

もし25歳と言う年齢ですでに何度も転職の経験がある場合、一つの会社に留まっていた期間は1〜2年程度と言うことになりますので、会社の採用基準から考えた場合には採用するのにリスクが高い人材ということになるわけです。

 

転職回数の多さはデメリットとなる?

転職回数の多さというものは簡単に言えばその人が仕事などに対して我慢が出来ないということを示すものとなりますし、25歳というまだ社会人としては一人前とも言いがたい年齢での転職回数の多さはデメリット以外のなにものにもなりません。

 

30代〜40代でも3回を超える転職回数はデメリットとなるといわれていますので、25歳で30代〜40代と同じ位の転職回数がある場合、年齢が若くても転職し辛くなるのは当然のことだと言えます。

 

そのため入社した会社の仕事が合わないからとすぐに辞めてしまったり、自分に向いている仕事が他にあるはずだと職を点々とするような人は年齢に関係なく転職する際の採用率を自らの手で引き下げていることになります。

 

もし将来的にステップアップを考えた転職をしたいのであれば出来るだけ転職をせずに社会人としての経験を積むことが必要ですし、25歳という年齢で転職を考えるのであれば、転職回数の多さはマイナス要素なることを理解しておく必要があります

 

25歳転職